FC2ブログ

コミックマーケット96参加しますよ

イベントの直前はいつも準備でバタバタして余裕がないため、
イベント参加告知など全然できないのですが。

今日は、ほんの少し余裕でお弁当なんか作っちゃったです。ホホホ。

2019年8月11日(日)
「コミックマーケット96」3日目
参加します。

場所:    東京ビッグサイト 西4ホール
スペース№: D-75a
サークル名: Studio KODAI


コミケでの新刊は『古代エジプト小辞典』A5版20頁頒価150円
▲これ、5月コミティアで売ったヤツなんじゃあ…と思われた方、どうもすみません。

漫画を準備していたのですが、絵が間に合わなくて、いろいろ考えた末
5月に売ったヤツ(全部売り切れたので)内容を少し直したのを頒布いたします。

新刊のようで新刊でない♬
新刊とは言えないけど、初売りには違いない♬

他には以下のようなブツを売る予定です。…

◇古代エジプトの医療
◇カデシュの戦い
◇古代エジプトの香り
◇プタハホテプの教訓
◇ファラオ時代のファラオ
◇蛇王様と私
◇プタハ神とヒエログリフを


直前の告知、失礼いたしました。
いやホント、誰か見てるのかしらこのブログ…
スポンサーサイト



病気をのさばらせる日があってもいい…のでは。

今朝、起きたら物凄い頭痛がしました。

私はがんらい頭痛持ちだったのですが、眼科の医者に通うようになって以来、ひどい頭痛に襲われたことはありません。ほうほうの体で頭痛薬を探し出し(賞味期限が2011年…)『コレ、何も食わずに飲んだら胃が溶けるよな』と思う間に吐き気がして、起き抜けに飲んだ水を全部吐きました。

この頭痛は異常だ。

『風邪ではないよな』とは思いましたが、熱を測ると案の定35.8度。平熱以下です。何にせよ、とにかく頭痛が痛い。足もふらつく。こんな具合では到底、会社に行って働くコトなどできやしません。やはり這うようにしてPCにとりつき、必死にURLを入力して会社の連絡帳にアクセスし、欠席届を出しました。

それにしても頭痛がツライ。
頭を抱えるとはこのことで、病院に行こうにも着替えるどころか、そもそも家の中で動き回るコトもできません。

こうなったら、何も考えずに寝るだけです。しっかり寝られるように、エアコンをつけて、エアコンの温度に合った寝具を用意。
自分にとって最も贅沢で、ラブリーな昼寝の態勢です。

何度か目が覚めましたが、自分の身体に訊ねてみて「まだ眠いか」「もう起きて何かしたいのか」自問自答して、「もう起きたい」に傾いたとき、ようやく起き上がりました。『7時半、悪くしても8時半ぐらいかな』と思っていたのですが、10時50分でした。

11時近くに起きていては、普通の社会人失格です。休みの日なら良いでしょうが、平日に11時に起きてできる仕事なんて、普通の仕事では、フリーランス以外まず考えられません。

ナルコレプシーと診断されるよりずっと以前、社会人になってすぐの頃、私は一時期コーヒーをがぶ飲みしていたことがあります。大学の教官の中にコーヒーが趣味の人がいたので、それで興味を持ちました。

コーヒーには豆や挽き方・淹れ方によりいろいろ種類があって、淹れ方が上手くなると本当に楽しいものです。

しかしある日、コーヒーばかり7,8杯飲んで過ごしたことがあり、胃の具合が悪くなりました。
当時は真っ黒い薄い破片のようなものを沢山吐いたものです。年齢でいうとアラサーの頃でした。

それ以来、私はコーヒーが少し怖くなり、がぶ飲みはしなくなったのです。
喫茶店でコーヒーが飲みたいときも、アメリカンしか頼まなくなったのです。

今朝の自分の症状を思い返すと、上記のようにコーヒーを飲みまくって、その挙句具合が悪くなったときと、同じような感じでした。

今でもコーヒーは好きです。
濃いコーヒーを淹れて、水筒に入れて会社に持って行って、昼食後に少し飲んだりはします。
ですが、昨晩にせよ今朝にせよ、濃いコーヒーを飲んだりはしていません。

私のようなナルコレプシー患者でも、コーヒーで眠気がおさまることもあります。
もちろん、普段は医者から処方された薬で、眠気を抑えて活動しているのです。
しかし、眠気を抑えるためにコーヒーや薬物に頼っていると、たまに身体の側で反乱を起こすのではないでしょうか。

『ナルコレプシーという病気にも、たまには好き勝手にさせる日があっても良いのではないか。』
病気のせいで眠くなるのなら、たまには病気のままに、身体が欲するままに好きなだけ眠る日があっても良いのではないか。

そう思った次第です。


MGM2-25参加しますよ。

Studio KODAI
2019年3月31日開催「MGM2-25」に参加いたします。

新刊はありません。
2月の「コミティア127」で頒布した『歴史雑録』の残りを持って行きますので、これが新しいと言えばもっとも新しい。

おススメは『まいにち古代エジプト 市長の肖像』B5コピー20頁。
コピー本で文字多めですが、内容は(いちおう)漫画です。
「アタシは毎日こういう感じで原稿を頑張って(?)いるんですよ~」みたいな、日常からどっぷり古代エジプトにハマっている人間の赤裸々な記録でございます。

ちなみに原画展示いたします。Studio KODAI としては、ちょっと珍しい。

「MGM2」は「板橋区立グリーンホール」というところでやってます。今回は1Fです。
最寄りの駅は三田線「板橋区役所前」または東武東上線「大山」。
1100~1530 という触れ込みですが、だいたい1600まで、ほとんど全ての参加サークルが欠けずに営業しています。

御用とお急ぎでない方は、どうぞ遊びにいらしてください。

ナルコレプシーの話 ~ 『居眠り病』と呼ばれる病気

岩本ナオという人が描いた『マロニエ王国の七人の騎士』という漫画の中に、「眠くない」という名前の人物が出てきます。その名のとおり、ほとんど眠らない青年です。
お話の中で、ある日「眠くない」は夢を見ます。子供の頃の嫌な思い出の夢で、起きてみると時刻は真昼、彼は自分が居眠りをしていたことに気付く、というエピソードでした。

私の父もほとんど眠らない人でした。
かなり夜更かしができるのに早朝起きて動ける人でした。

でも多くの子供は自分の父親の昼間の様子を見たことがないと思います。
私も自分の父が昼間どんな風に働いているのか、ほとんど知りませんでした。

10年ぐらい前、父が運転する車で怖い目に遭ったことがあります。
それは真昼だったけれど、高速道路を運転していた父が、いきなりハンドル操作がおかしくなったのです。
父はすぐに路肩に車を停めて、母と運転を交代しました。

父は早朝や夜中に運転するのは得意ですが、昼間はほとんど運転しない人でした。
『おれは夜は寝なくて大丈夫なんだが、昼間はどうしても一時間、いや5分でいいから寝ないとダメなんだ』
父はいつもそう言っていました。

私自身は、子供の頃はよく寝る子でしたが、大人になってから、ぜんぜん寝なくて平気になりました。
しかし昼間はどうしても眠さがこらえられなくなる時間帯があって、5分でいいから寝なくてはいられない体質になりました。

父と同じですね。
だから、私は単に父に似たのだと思っていました。

けれども、私は父とは違って会社勤めなので、昼休みに必ず昼寝できるとは限りません。
昼休みもぶっ通しで働いていると、夕方フッと寝てしまうことがありました。

「眠いなあ。もう寝ちゃえ」とか思って寝るわけではありません。
一生懸命眠さをこらえて起きているつもりなのです。
しかし一瞬でも油断すると、スイッチが切れたように、気絶したように意識を失ってしまうのです。

最初に長く会社員をやっていた会社では、自分一人の部署を任されていました。
きちんと仕事をこなして他の部署に迷惑をかけなければ何も注意されたりはしませんでした。
だから昼間どうしても眠いときは、本当に眠っていたものです。

けれども、その会社を辞めて次に働いたのは派遣でした。
派遣先の会社では、もちろん「眠ってはいけない」と頑張っていました。
しかし仕事はどんどん増やされるし、それこそ寝る間もないほど働かされたので、何度か居眠りをしてしまったようです。

『居眠りをしてしまったようです』
・・・こう書くと「自分が寝ているくせに他人事みたいに言うな」と怒られそうですね。
しかし、自分は眠っているという自覚は全くないし、一瞬目を閉じているだけのつもりなのです。

「目を閉じて目を開ける」自分にとっては、それは一瞬なのです。
それなのに、周囲から見れば実際に私は20分ぐらい居眠りをしてしまっている。
・・・そういう事態なのです。

居眠りが原因ではありませんが、その派遣会社は、いわゆる『派遣切り』で解雇されました。

その後勤め始めたのが――アルバイトですが――現在の会社です。
最初は簡単な仕事で入ったのですが、嫌なコトが多くて『辞めようかな』と思ったタイミングで、運よく別の部署で雇ってもらえました。それが現在のマーケティング部です。

しかし、マーケティング部でも同じ問題が起こりました。
私はやはり午後になると居眠りをしてしまったのです。
普通は、そこで解雇されても文句は言えない立場でした。
けれども私は部長から個人面談を受け『寝ないように努力してくれる?』と言われました。

私は部長と話しているうちに、父のことを思い出しました。
父だって、高速道路を運転している最中に「居眠りしたかったから居眠りした」というわけではないのです。

これは、病気なのではないか?

アラフィフ・・・こんないい年のBBAになって気づくというのは、遅すぎかもしれませんが、私はこの年になって、ようやく有給休暇をとってメンタルクリニックの医師に診てもらったのです。

『君は100%ナルコレプシーだねえ』
神経科の医師は、ニコニコしてそう言いました。

ナルコレプシーの症状は個人差があるため、薬を処方する前に実際に脳波を取ったりするらしいのです。
しかし私の場合、脳波を取るまでもなく、完全に、何の疑いもなく、120%教科書通りのナルコレプシーだということです。

ちなみに、ナルコレプシーは欧米では2万人に1人という、少し珍しい病気ですが、日本では600人に1人という、ありふれた病気だということです。

病気が起こる原因は不明ですが、脳の中にある「入眠スイッチと覚醒スイッチ」みたいな物質が少し足りないというか、スイッチになる物質の出方が悪いらしいのです。

子供の場合、悪夢を見たり、金縛りに遭ったりするようです。
実際、私は子供の頃、夜寝床に入ってもなかなか眠れず、眠ると悪夢ばかり見るので、日暮れどきに外が暗くなると、もうそれだけで憂鬱になったものです。

家族や親戚に同じような症状を持っている人がよくあるらしいので、遺伝病かもしれません。

会社や学校で、居眠りのため悩んでいる人がいたら、ナルコレプシーかも知れません。
治療には時間がかかるようですが、少なくとも薬を処方してもらうと、普通に生活できる病気ですから、早めに判ればそれだけ人生を無駄にせずに済みます。

ちなみに冒頭で紹介した漫画のお話の「眠くない」という青年の状態は、まさにナルコレプシーです。
昼間、目を覚まして初めて自分が眠っていたことに気付くというのがナルコレプシーの自覚症状です。「眠いから寝てしまう」のではなく、「起きている状態から、いきなりスイッチが切れたように寝てしまう」のがナルコレプシーなのです。

2018年12月29日冬コミケ新刊情報



当日の朝こんなところに書いてどうするのって感じなんですがまあ書かないよりはマシでしょう…

12/29(土)東京ビッグサイトで開催のコミックマーケット95
サークル名「Studio KODAI」(西1ホール ほ- 03a)新刊情報です!

『まいにち古代エジプト - 市長の肖像 - 』
B5版
表紙込み20頁
コピー誌
頒価150円。

メンチュエムハトに魅せられた主人公が彼について何か描こうと試行錯誤するお話です。
エッセイ漫画なのに文字だらけ。
文字だらけのコマはすっ飛ばして読んでもメンチュエムハトの素晴らしさは伝わると思います。

ちなみに、完徹したので売り子は寝ているかもしれませんが、どうか悪しからず。
プロフィール

Templeton

Author:Templeton
ペンネーム:高杉ナツメ。

大学ではフランス文学を専攻、
サークル活動は漫画研究会に
所属していた。

漫画と古代エジプトを愛する。

同人誌即売会には、
サークル名「Studio KODAI」
(スタジオコダイ)で出店。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR