fc2ブログ

新刊出ますよ

『シヌヘの物語』

「COMITIA138」
2021年11月21日(日)11:00~15:00
東京ビッグサイト青海展示場A・Bホールにて

▲上記のイベントで初売りとなる小冊子についてお話します。

表紙はない。目次もない。
コピーしてホチキスで留めただけの不体裁な冊子ですが、150円頂戴します。

いつもは、印刷代(またはコピー代)に数十円載せただけの頒布価格なのですが、
今回ばかりは、コピー代と関係なく労賃として、いただきたいのです。

今回の冊子『シヌヘの物語』は、英文和訳ですが、翻訳に半年以上かかっているのです。

翻訳を中断したのが五月でした。
この物語を、ようやく冊子にまとめて頒布するに至った現在は、十一月の下旬。

『シヌヘの物語』は、翻訳して1冊の冊子にするには、ちょうど手頃な長さの小説でした。
古代エジプト文学のご紹介として、わりと有名なタイトルで、内容も悪くない。

しかし読み始めてすぐに、いろいろ解らないことが出てきました。

「宮廷人が、王の死の知らせを物陰から立ち聞きして、エジプトから国外へ逃亡、遊牧民の元で長い間暮らし、二十年後エジプトに帰還する。」
 だいたいこんな話なのですが、お話の肝を理解するには、英語を字義どおりに訳するだけでは意味の通らないことが非常に多かったのです。

シヌヘの物語は、中王国時代初期の時代背景、とくに政治情勢、エジプトの外交事情、そして軍事関連の事情について多少知識がなくては、意味不明なディテールが多々あります。

そこで、私は古代エジプトの軍事関係の事情について徹底的に調べようと思いました。

まず、手持ちの本の中から古代エジプトで軍隊が動いた記録を検索し、詳細な年表を作りました。
次に、『古代エジプトの記録』という一次資料の翻訳を集めた本の索引から、軍事に関係のありそうな言葉のあるページを探しだし、「王朝」「王」「戦争」「事項」などでソートできるよう、エクセルの表にまとめました。

軍事に関係のありそうな言葉とは、「司令官」「歩兵」「戦士」「武器」「遠征」「戦争」「反乱」「砦」「要塞」「海軍」などのワードです。
 これらが頻出するページには、必ず古代のエジプト軍が動いた記録が書かれているはずです。

そして、エクセルの表がかなり大きくなり、ソートして面白い結果が出るようになった時点で、多くの軍事関連用語が集中するページの記事を一個一個読んでみました。

けれども、資料本は、けっきょく資料本でしかありません。
 まとめて読むと、確かにそれは古代エジプトに起きた出来事の資料の集大成なのですが、記事を拾い読みするだけでは、(とくに一次資料である古代エジプト文字の英語訳の部分は)まったく意味を成さないのです。

 それらの記事は、いわば断片であって、そこに資料本を編纂した著者の註釈や解釈、他の研究者たちの膨大な研究報告や資料の積み重ねがあってこそ、一般人が読むに耐える読み物になるのです。

そこで、問題集の答えを先に見てから問題を解く学生のように後ろめたい気がしたのですが、イアン・ショウ氏の『古代エジプトの戦争』という本をつまみ読みしました。

私は、その本のごく一部ですが、読んでみて絶望しました。

古代エジプトの戦争に関しては、未だ研究が不十分なことが多い。
というより、ほとんど知られていないことのほうが多い。

と、イアン・ショウ氏は書いています。

なぜなら、戦争の後は焼け野原になり、戦勝国が略奪して、戦争に関する資料は非常に残りにくくなり、古いものほど上に畑や建物が建って発見できなくなるからです。

そのことは、私自身が古代エジプトの軍事に関して作ったエクセルの表から抽出した幾つもの資料が、非常に断片的なものばかりだった印象と、よく合致しました。

そもそも明快にまとまった資料が少ないという(カーメスの石碑、メギッドの戦い、カデシュの戦い、メディネット・ハブなどは希有な例外として)古代エジプトの軍事事情です。
『古代エジプトの戦争』一冊を読み通してもいない素人が、古代エジプトの戦争に関して何事かを語ろうなどとは、どだい無理な話。

そんなこんなで断片的な知識を蓄積しただけで月日は過ぎました。
そんなわけで、先の九月に開催された「COMITIA137」は、新刊本なしの参加となりました。

けれども、その九月が終わった時点で、あらためて『シヌヘの物語』に向かってみると、意外や意外、大した困難もなく読み通せたのです。
 そんな短期間に私の英語力が上がるわけがないので、これは知識量の違いだと思います。

 いろいろエジプトの軍事に関して調べて、知識として蓄積した様々な断片が頭の片隅にあったお陰で『シヌヘの物語』が簡単に読み倒せたのです。

『シヌヘの物語』のシヌヘについて、これから読もうという方に、お話したいことはいろいろあります。
たとえば、「シヌヘは一体全体何故逃亡したのか」…

お話の中でも曖昧にされている、その逃亡の理由。

それは、古代エジプトに詳しい人なら、いろいろ考えつくでしょう。
ですから、私はこれ以上何も言わないことにします。

スポンサーサイト



ナカイケイラ氏の個展を観て気付いた

2020年9月11日~15日 
東京都中央区京橋1丁目 JR東京駅から歩いて10分ぐらいの小さなギャラリー
「メゾンドネコ」にて開催
ナカイケイラ氏の個展『スフィンクスの舞踏会』を拝見して参りました。

 スマホを持った八咫烏、蓮の柄の豹、軍服を着たケンタウロスなどなど、
絵も魅力的ながら、ナカイケイラ氏ご自身も気さくで楽しい方。
 日曜日のほんの一時間でしたが、大変楽しいひとときを過ごさせていただきました。


【ある絵の解説】
 ストーリーは意外と大事


 戦闘機の擬人化でしょうか。第二次世界大戦で使用されたと思しき戦闘機から、人間の上半身が生え、その身体は狙撃されたために穴だらけ、頭には包帯が巻かれ血がにじんでいるという、何とも悲惨な絵です。

 ナカイケイラ氏がすかさず解説してくれました。これはイギリスの戦闘機…として生まれたものなのですが、一度も戦場に出ることはなく、仲間であるイギリスの戦闘機によって練習台にされ、穴だらけになった。そういう悲しい戦闘機がモデルだそうです。

 なるほど、そう言われてもう一度同じ絵を見ると、不満そうな擬人化戦闘機の表情も、あまりに酷い怪我の理由も、よく分かります。
 二度目に見ると、悲惨というより愛しささえ感じてしまいましたが、それは決して気のせいではないでしょう。


【A君の絵のこと】
 彼の絵に欠けているもの


 擬人化ではないが、上記の絵を見てすぐに思い出したのは、友人の漫画家N氏の息子さん、A君の絵です。
 A君は非常に絵が達者で、女の子の姿をしたアンドロイドの絵を得意としています。
 が、彼の描く女の子はどれもこれも、いつも負傷していて、キツイ眼差しでコチラを見ていたり、不満げな顔でつんと口をとがらせていたりします。

 いつ見ても絵が上手だし、女の子の表情や身体の線が巧みに描かれているのでファンも多く、同人誌即売会などで画集もよく売れています。

 でも、彼の絵には何かが足りない。魅力的だし、世界観もしっかりあるようだから、ファンになる人が多いのもよく分かります。でも、オバサンは、ちょっと「何かが足りない」と思ってしまうのです。


【AKさんの絵のこと】
 彼女の絵が魅力的な理由


 翻って、A君と真逆の、趣味で漫画を量産しているAKさんのことも思い出しました。
 AKさんは、失礼を承知で言わせてもらいますと、沢山描いているけれど、なかなか上手くならない。

 同人誌即売会に出ても、彼女の本は売れたり売れなかったりといった感じだろうと推察します。

 私の見た限りでは、3歩離れて見ると、表紙絵は非常にステキです。しかし細部がよく見えるほど近づくと、人間の描き方がアイコン的で、動物の骨格が描けてないなど、粗が目立つので、かなり残念です。

 ただ、AKさんの表紙絵はカラーがキレイで、構図がドラマチックなので、(漫画のストーリーも面白いこともあります)たまに気に入った本は買うこともあります。


【何度でも使われる絵と一瞬で消える絵】
 A君のママの絵とA君の絵の違い


 さて先に述べたA君のママ、漫画家のNさん。
 Nさんの絵は、ある特殊な分野ではわりと有名なので、お役所から頼まれて冊子に使われたり、地元の英雄に関するイベントでポスターに使われたりするようです。

 Nさんご自身も、その地元の英雄についてはかなり昔から研究しているので、その英雄と御家来衆に関する漫画をよくツイッターなどで発信しています。

 Nさんの描いた本の裏表紙に、息子さんのA君が描いた可愛い少女の絵が載っていたことがありました。その絵が可愛いのでその本を買いましたが、上手い絵なのだけど、5分以上見ると飽きる絵です。それに引き換え、Nさんの描いた地元の英雄の絵は、何度見ても、何度使われても見飽きない。


【まとめ】
 ストーリーがあると厚みが違うよね、という話。


 絵の上手いA君と、彼のママである漫画家Nさんの絵は何が違うのか。 
 絵の上手くないAKさんの絵は、何故ドラマチックで魅力的に見えるのか。

 私は、ナカイケイラ氏から、負傷した飛行機(の擬人化)の絵にまつわる物語を聞いて、凄く腑に落ちるものがありました。

 物語がある絵は、絵の巧拙を別にして、ひときわ魅力的に感じられるものなのです。

 話を知らなくても、ナカイケイラ氏の絵は美しく説得力がありますが、お話を聞くと一層絵に入り込むことができ、絵に親しみが増します。

 AKさんの絵は、デッサン力不足?などが災いして、上手いと思われる絵にはなかなか出会えません。しかしAKさんの絵は、先に漫画のストーリーがあって、その内容を伝えるために描かれているものなので、「ドラマを語ろう」、「カラーでイメージを伝えよう」とする彼女の情念のお陰で、非常に輝くのです。というか見る側に訴えるものがあり、パワーが感じられるのです。

 漫画家Nさんの絵と息子さんのA君の絵を上手い下手で比べるなら、A君の方が上手いかな、と思うこともあります。
 けれども、A君の絵を見て、5分で見飽きるのは、内容がないからでしょう。
 Nさんの絵は、彼女の半生以上をかけて調べつくした英雄の生涯を知った上での絵ですから、何も描かれていないようでも、人物の表情や、甲冑の紐や手袋の柄など、構図やディテールから強力に訴えかける何かがあるのだと思います。

 漫画絵とは案外怖いもので、何も知らずに描いているのと、思いを込めて描かれたものは、たとえ線一本でも違ってきます。

 漫画…イラスト絵一枚といえども、その背景にあるストーリーがしっかりある物は、ストーリーの厚みの分だけ見る者に伝わるものがあるような気がいたします。

コミックマーケット96参加しますよ

イベントの直前はいつも準備でバタバタして余裕がないため、
イベント参加告知など全然できないのですが。

今日は、ほんの少し余裕でお弁当なんか作っちゃったです。ホホホ。

2019年8月11日(日)
「コミックマーケット96」3日目
参加します。

場所:    東京ビッグサイト 西4ホール
スペース№: D-75a
サークル名: Studio KODAI


コミケでの新刊は『古代エジプト小辞典』A5版20頁頒価150円
▲これ、5月コミティアで売ったヤツなんじゃあ…と思われた方、どうもすみません。

漫画を準備していたのですが、絵が間に合わなくて、いろいろ考えた末
5月に売ったヤツ(全部売り切れたので)内容を少し直したのを頒布いたします。

新刊のようで新刊でない♬
新刊とは言えないけど、初売りには違いない♬

他には以下のようなブツを売る予定です。…

◇古代エジプトの医療
◇カデシュの戦い
◇古代エジプトの香り
◇プタハホテプの教訓
◇ファラオ時代のファラオ
◇蛇王様と私
◇プタハ神とヒエログリフを


直前の告知、失礼いたしました。
いやホント、誰か見てるのかしらこのブログ…

病気をのさばらせる日があってもいい…のでは。

今朝、起きたら物凄い頭痛がしました。

私はがんらい頭痛持ちだったのですが、眼科の医者に通うようになって以来、ひどい頭痛に襲われたことはありません。ほうほうの体で頭痛薬を探し出し(賞味期限が2011年…)『コレ、何も食わずに飲んだら胃が溶けるよな』と思う間に吐き気がして、起き抜けに飲んだ水を全部吐きました。

この頭痛は異常だ。

『風邪ではないよな』とは思いましたが、熱を測ると案の定35.8度。平熱以下です。何にせよ、とにかく頭痛が痛い。足もふらつく。こんな具合では到底、会社に行って働くコトなどできやしません。やはり這うようにしてPCにとりつき、必死にURLを入力して会社の連絡帳にアクセスし、欠席届を出しました。

それにしても頭痛がツライ。
頭を抱えるとはこのことで、病院に行こうにも着替えるどころか、そもそも家の中で動き回るコトもできません。

こうなったら、何も考えずに寝るだけです。しっかり寝られるように、エアコンをつけて、エアコンの温度に合った寝具を用意。
自分にとって最も贅沢で、ラブリーな昼寝の態勢です。

何度か目が覚めましたが、自分の身体に訊ねてみて「まだ眠いか」「もう起きて何かしたいのか」自問自答して、「もう起きたい」に傾いたとき、ようやく起き上がりました。『7時半、悪くしても8時半ぐらいかな』と思っていたのですが、10時50分でした。

11時近くに起きていては、普通の社会人失格です。休みの日なら良いでしょうが、平日に11時に起きてできる仕事なんて、普通の仕事では、フリーランス以外まず考えられません。

ナルコレプシーと診断されるよりずっと以前、社会人になってすぐの頃、私は一時期コーヒーをがぶ飲みしていたことがあります。大学の教官の中にコーヒーが趣味の人がいたので、それで興味を持ちました。

コーヒーには豆や挽き方・淹れ方によりいろいろ種類があって、淹れ方が上手くなると本当に楽しいものです。

しかしある日、コーヒーばかり7,8杯飲んで過ごしたことがあり、胃の具合が悪くなりました。
当時は真っ黒い薄い破片のようなものを沢山吐いたものです。年齢でいうとアラサーの頃でした。

それ以来、私はコーヒーが少し怖くなり、がぶ飲みはしなくなったのです。
喫茶店でコーヒーが飲みたいときも、アメリカンしか頼まなくなったのです。

今朝の自分の症状を思い返すと、上記のようにコーヒーを飲みまくって、その挙句具合が悪くなったときと、同じような感じでした。

今でもコーヒーは好きです。
濃いコーヒーを淹れて、水筒に入れて会社に持って行って、昼食後に少し飲んだりはします。
ですが、昨晩にせよ今朝にせよ、濃いコーヒーを飲んだりはしていません。

私のようなナルコレプシー患者でも、コーヒーで眠気がおさまることもあります。
もちろん、普段は医者から処方された薬で、眠気を抑えて活動しているのです。
しかし、眠気を抑えるためにコーヒーや薬物に頼っていると、たまに身体の側で反乱を起こすのではないでしょうか。

『ナルコレプシーという病気にも、たまには好き勝手にさせる日があっても良いのではないか。』
病気のせいで眠くなるのなら、たまには病気のままに、身体が欲するままに好きなだけ眠る日があっても良いのではないか。

そう思った次第です。


MGM2-25参加しますよ。

Studio KODAI
2019年3月31日開催「MGM2-25」に参加いたします。

新刊はありません。
2月の「コミティア127」で頒布した『歴史雑録』の残りを持って行きますので、これが新しいと言えばもっとも新しい。

おススメは『まいにち古代エジプト 市長の肖像』B5コピー20頁。
コピー本で文字多めですが、内容は(いちおう)漫画です。
「アタシは毎日こういう感じで原稿を頑張って(?)いるんですよ~」みたいな、日常からどっぷり古代エジプトにハマっている人間の赤裸々な記録でございます。

ちなみに原画展示いたします。Studio KODAI としては、ちょっと珍しい。

「MGM2」は「板橋区立グリーンホール」というところでやってます。今回は1Fです。
最寄りの駅は三田線「板橋区役所前」または東武東上線「大山」。
1100~1530 という触れ込みですが、だいたい1600まで、ほとんど全ての参加サークルが欠けずに営業しています。

御用とお急ぎでない方は、どうぞ遊びにいらしてください。
プロフィール

Templeton

Author:Templeton
ペンネーム:高杉ナツメ。

大学ではフランス文学を専攻、
サークル活動は漫画研究会に
所属していた。

漫画と古代エジプトを愛する。

同人誌即売会には、
サークル名「Studio KODAI」
(スタジオコダイ)で出店。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR